Yahoo!ショッピング検索対象項目にキーワードを入れる商品登録で集客数を増やすテクニック | アルゴノーツ

アルゴノーツならキャッシュレス決済で5%還元されます。
アルゴノーツならキャッシュレス決済で5%還元されます。
ベストパートナー賞受賞サービスのアルゴノーツ株式会社

楽天市場 Yahoo!ショッピング専門コンサルタントのアルゴノーツ株式会社はYahoo!JAPANコマースパートナープレミアム認定サービスです。

トップページYahoo!ショッピング売上アッププログラムメニュー基本プログラムYahoo!ショッピング検索対象項目にキーワードを入れる商品登録で集客数を増やすテクニック

Argonauts App Service

アルゴノーツのヤフーショッピング攻略ツールへの入り口はこちら

使い方・ヘルプ

自動化・調査ツールなどアルゴノーツWEBアプリケーションサービスログインはこちら
(登録無料)

アルゴノーツのレビュークライアント様からお褒めをいただきました
アルゴノーツ ネットショップの基本
アルゴノーツのYahooショッピング売上アップ
基本プログラム
商品登録はきちんとできているか?
お店の魅力を訴求できるレイアウトか?
自社の強みを訴求しているか?
迅速対応アフターフォローはOK?
中級プログラム
商品名での検索対策
売れる商品を更に伸ばす
ひとことコメントの活用
メルマガ活用方法
上級プログラム
広告の活用
Yahoo!ショッピングの誘導に乗る
画像を加工
ポイントキャンペーンの活用
エキスパートプログラム
検索対策で外部集客
ブログで集客&売上アップの仕組作り
競合店の強みを調べる
アフィリエイトで集客アップの仕組作り
アルゴノーツ公式フェースブックページ
アルゴノーツ コンサルタントブログ
アルゴノーツ株式会社へのお問い合わせはこちら

お問い合わせ
お問い合わせは
24時間受付しております。
営業時間 10:
00〜18:00
土日祝祭日は休業となります。

Yahoo!ショッピングや楽天市場などECに関する作業代行はお任せください!
アルゴノーツ株式会社はコマースパートナースタンダードに認定されています。

アルゴノーツ株式会社は
Yahoo!JAPANコマースパートナー
プレミアム認定企業です。

無料で使えるYahoo!ショッピング内SEO対策ツールのご紹介です。

お試しプランなら無料で使えて、SEO対策のノウハウも手に入る検索順位チェックツールがあります。

闇雲に検索対策をしても、その効果がわからなければ意味がありません。
更に最上級プランが今だけ6,980円の値下げ中!PRオプションの自動最適化、検索順位の調査、変動、ライバル店の動向がわかるツールがご利用頂けます。
このツールを使えばキーワードや対策方法のアドバイスもしてくれます。
自分で検索対策をするなら絶対に必要なツールが手に入ります。

このページをご覧になった今がチャンス!ぜひ今お申込み頂くことをおすすめしています。

詳しくはこちら

閉じる

基本プログラム

商品登録がきちんとできているか? -集客数アップのテクニック1

「商品ひとつひとつが営業マン」

ショッピングモールは商品ページが入り口になるので、適切な登録の商品を増やせば増やすほどサイトへのアクセス数を増やすことができます。

1.検索対象項目への入力

集客数アップのポイント01

Yahooショッピング商品データには検索対象項目があります。

  • 商品名(name)
  • 商品コード(code)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)
  • 製品コード(product-code)
  • JANコード/ISBNコード(jan)
  • ブランドコード(brand-code)
  • プロダクトカテゴリ(product-category)

これらに適切なキーワードを入れないことにはいくら商品を登録しても検索に出てきません。

特に重要なのは

この3項目です。

  • 商品名(name)
  • キャッチコピー(headline)
  • 商品情報(explanation)

この項目は文言、文章としてお客様に訴求ができ、検索エンジンにとっても、キーワードとして認識してもらう項目なので非常に重要です。

そして、この検索対象項目への入力の仕方次第で検索順位が変動するということを理解する必要があります。

■検索エンジンに読みやすく

まずは検索エンジンからしっかりとキーワードを認識してもらい、検索順位に良い影響があるように判定してもらわないといけません。

今回注目したいのは、

「表記のゆれにより可能性のあるキーワードを記載し損ねていないか?」ということです。


例えば、「イヤホン」と「イヤフォン」では検索結果の順位が少し異なってきます。

「ホン」なのか「フォン」なのか。
どちらが正しいかはここではあまり重要なことではありません。

重要なのは、お客様によって検索するキーワードが「イヤホン」か「イヤフォン」異なる場合があるということです。

現在のヤフーショッピング検索エンジンでは「イヤホン」=「イヤフォン」と表記の揺れにも対応している場合が多く、どちらかを入れていてもヒットする可能性はありますが、検索順位の違いを見ると、

「どちらをどのように入れるか?」で検索順位が変わってくる。

ということが読み取れるかと思います。

どちらもキーワードとして入力したほうが良いのですが、どのように入れるかで順位が変わってくるということを理解する必要があります。

どのようにキーワードを入れていけば良いかノウハウを公開しています。

無料の検索順位チェックツールからダウンロードすることができます。

こちら

■人にも読んでもらいやすく

しかし、さもキーワードづくしで、
「iPhoneスピーカー iPhoneスピーカ アイポッドスピーカー ・・・」

などの商品名にしてしまったら
どうみてもあやしい商品に見えてしまい、ユーザビリティに欠けてしまいますよね。

検索結果に表示されても、
クリックしてもらえなくてもあまり意味がありません。

そこで、商品名を中心として、
キャッチコピーや商品情報に関連するキーワードを文章として盛り込むことが得策です。

例えば、

  • 商品名
    「iPhoneスピーカー アイポッドが高音質で聴けるサブウーハー付きiPhoneスピーカ」
  • キャッチコピー
    「ドックに差し込むだけでOKのアイポッドスピーカー」
  • 商品情報
    「2.1chアイポッドスピーカー  Dock付きで簡単接続できます。仕様 縦150mm・・・・」

この様に表記のゆれや関連したキーワードを3項目に盛り込んでいます。

ここで重要なのは上の3項目の検索対象項目に
検索エンジンを意識して、偏った表記のゆれを無くし、
人が読んでも違和感の無いキーワードを盛り込む
ということです。
ぜひ一度、ご登録の商品データを確認してみてください。

また関連キーワードを含め、
どのようなキーワード選定がいいのか?どう組み込んだら良いのか?
などのテクニックは中級プログラムでご紹介します。


★集客につながるキーワードを調べる方法

無料誘導キーワードサーチツールを使えば、今ヤフーショッピングからどのようなキーワードで集客があるのか、かんたんに調査することができます。

例えば、ヤフーショッピングのリンクをクリックしてみると下記のようなキーワードで検索結果につながっていることがありませんか?

無料誘導キーワードはこちら

これは無料誘導キーワードと言って、ヤフーショッピングが今旬の商品や売れそうな商品をピックアップして、検索結果に誘導しています。

ここに表示できれば無料でヤフーショッピングから集客することができるのですが、この検索結果にヒットさせるためにはどのキーワードが設定されるのか、キーワードがわからなければ対策のしようがありません。

そこで、無料誘導キーワードサーチを使うことで、キーワードを一気に取得することができます。

誘導キーワードサーチサンプル画面

無料誘導キーワードサーチツールについて詳しくはこちら

 

【ワンポイント】

★検索対象項目一覧はヤフーショッピングヘルプページで確認することとができます。

 

★ヤフーショッピングの検索ロジックは定期的に変更されます。
最新の情報はクライアント様にいち早くお伝えするように致しております。

★内容によっては、アルゴノーツのコンサルタントブログ公式Facebookページ公式Google+などでも紹介しておりますのでぜひともご活用ください。

無料の会員登録でお得情報や無料ツールが手に入ります。

お役に立ちましたら「いいね!」をお願いします。